水漏れ修理のあれこれ
2020年9月24日

水漏れトラブルは衛生問題を引き起こすのですぐ修理

水道管破裂などで大量の水漏れトラブルが生じると、辺り一面水浸しになってしまい大変ですが、そのような派手な水漏れの場合はすぐに漏れに気づくことができるので、わりと対処しやすいかもしれません。意外とやっかいなのが、少量の水が漏れているような地味なトラブルです。水道管が少しだけ破損し、そこからチョロチョロ水が漏れ出ていたりすると、なかなか気づきにくい場合があります。水漏れトラブルが起きると衛生的な問題も引き起こします。

例えば、部屋の湿度が上がってしまいカビが生えやすくなったりすることがありますし、雑菌や害虫・害獣などが繁殖してしまう可能性もあるでしょう。特に不衛生になりやすいのが、汚水を流す排水管です。台所やトイレなどで使った汚い水が漏れていると、猛烈に不衛生になりますから、なるべく早く修理をしなければいけません。排水管の破損原因で一番多いのが経年劣化だと言われています。

他には、凍結や地震などの災害によるものです。排水管の耐用年数はけっこう長くて、一般的には十数年以上は持つと言われていますが、水の使用量が多かったりすると寿命が短くなるとも言われています。ある程度の年月が経過していたら、トラブルが起きる前に交換修理してしまうのもいいかもしれません。もしくは、定期的に漏れがないかをチェックするようにしましょう。

水漏れチェックは、水の元栓を閉めて、水道メーターが回っていないかどうかで確認することができます。水漏れを発見したら、すぐに修理をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *