コウモリ駆除を自分でする方法

コウモリが住宅に住みついてしまうと糞や尿をされて悪臭が発生したり、衛生環境の悪化で害虫が発生する事もあります。

放置していれば住宅自体が傷んできて住宅の価値も下がるので、経済的な損失も出ます。


コウモリは環境への適用能力が高くて生息域も広く繁殖力も高い動物なので、住宅に住みついた場合は少しでも早く対処するべきです。
コウモリ駆除は業者に依頼して行う事もできますが、市販の駆除用品を使って自分で駆除する事もできます。



主な駆除用品として使われるのはコウモリを追い払う忌避スプレーやジェル状の忌避剤です。
コウモリ駆除を行う事自体に違法性はありませんが、コウモリは鳥獣保護法によって保護されている動物なので無断で危害を加えたり捕獲する事はできません。


そのため駆除用品も追い払う効果があるだけで殺傷したり、捕獲するようなものはありません。


スプレーやジェル状の忌避剤を使用して追い出したとしてもコウモリは再び同じ場所に戻ってきて安全だと判断すれば再び住みついてしまいます。



そうならない為に忌避剤で追い出した後に戻ってこないように侵入口を金網などを使って塞ぐ事が大切です。侵入経路を特定できても塞ぐ作業ができない場合は業者に依頼すると良いです。また繁殖してしまって追い払う事すら難しいという場合も業者に速やかに依頼するべきです。


業者の場合はコウモリ駆除に関するノウハウがあるので、素人で対処できないケースでも駆除をしてもらえます。