コウモリ駆除とフンの扱いの注意点 - コウモリ駆除は完璧に行なうためにも専門業者へ

コウモリ駆除とフンの扱いの注意点

コウモリ駆除に関する知識は一般の人には難しくて理解できません。



コウモリは野生動物なので素手で触ることは絶対に避けるべきで、乾燥した排泄物などの処理の際にもマスクなどの保護具を着用することが大事です。

こうもりは鳥獣保護法という法律で保護された動物であり、自宅に侵入されたからといって勝手に捕獲や処分することは禁じられています。
コウモリは警戒心が強く夜行性であり、人を攻撃したりするようなことはありません。


直接的な被害はなくて盲型を見かけたら注意が必要です。



コウモリは都会であろうと田舎であろうとどのような住宅にも侵入する恐れがあります。適度な隙間があればそこを巣にして繁殖を繰り返します。コウモリ駆除は追い出すことを重点的に考える必要があり、少しの隙間でも見逃すことはできません。

疑わしい場所に忌避剤を散布することによって、コウモリを追い出すことができます。

忌避剤の効果は長時間続きますが限度があるために、この間に隙間や穴をふさいで再度侵入することを防ぐ処置が必要です。
コウモリ駆除の際にフンに遭遇することがあります。
フンは非常に危険であり素手で触ったり体に付着すると炎症や感染症を引き起こすことがあります。
特に時間の経過したフンは乾燥して粉々になっていることも多く非常に危険です。



除去する場合には完全防備で当たるようにし、細心の注意を払って消毒まで行うことが大切です。
小さいからといって野生動物を侮ることは禁物です。

一般的な注意点をよく把握して駆除に当たることが重要です。